ホーム › 最上稲荷山大荒行

最上稲荷山大荒行

独自の荒行堂で最上尊の修法道に必要な行法の研鑽を行うものであり、三宝給仕と心身錬磨を行法の第一義とし、伝統を色読させる修行を中核とします。

”上求菩提”

最上三神の威大神力を鑽仰し、開基・報恩大師及び宗祖日蓮大聖人、経王相承修法の先師先哲の御遺戒を体し、法華経を信奉し、行学の二道を励み、自らの心を鍛えることを修行の根本として、加行精進します。

”下化衆生”

温故知新の遺訓に従い、千二百余年の奥秘修法道の伝統を奉じ修行を成し、大慈大悲の聖旨を以て激動の現代社会に即応した実践の修法布教に、精進するのです。

日程|女性は4月、男性は11月に行います

2日 同心会。入行前に心得などをお話しします。
3日 朝勤参拝の後、入行会。以降、自行段(布施、持戒)は大太鼓・団扇太鼓を叩きながら唱題行が中心です。
9日 自行成満会。幣束祭。以降、化他段(忍辱・精進)に入り、初行僧には撰経の書写と木剣相伝が行われます。
16日 化他成満会。水神祭。以降、報恩段(禅定・智慧)。
22日 懺悔会。伝師部を交え、反省会が行われます。
23日 成満会
  • 三・七日間、朝勤・昼勤・夕勤の読経や1日7回の水行を欠かさず行う苦修練行となります。
  • 祈祷肝文は最上要句という独自のものです。
  • 自行成満後の初子の日には大黒祭を行います。
  • 日蓮宗の方だけでなく他宗派の方でも、特に尼僧の方でも入行することができるのが特徴です。
  • ※「よくあるご質問」の「最上稲荷山大荒行について」もご覧ください。

最上稲荷山祈祷修法加行者 募集

最上稲荷山大荒行を下記の通り開設いたしますので、修法錬磨の為に、大法弘通の為にも是非加行修行くださるよう御案内します。

募集要項

期  日

[ 男子の部 ] 11月3日より11月23日迄 3週間  [ 集合は11月2日 ]

[ 女子の部 ] 4月3日より4月23日迄 3週間  [ 集合は4月2日 ]

募集人員

各10〜15名程度

応募資格

年令20歳以上の男子・女子教師(僧階取得者)

※初行入行者は65歳まで。学歴を問いません。

申込方法

下記荒行堂伝師部へ「加行願書」をご請求ください。

〒701-1331 岡山市北区高松稲荷712番地
最上稲荷山荒行堂伝師部
電話:086-287-3700(代)  FAX:086-287-3709

願書締切
[ 男子の部 ] 9月2日

締切日厳守 (初回入行者に限り、適性試験を実施の上入行の可否を決定)

[ 女子の部 ] 2月2日

※願書受付後に祈祷要文集を送付しますので、早めに伝師部まで提出ください。

特  典

三・七日加行成満の者には九字の秘法、木剣相伝並びに最上稲荷山祈祷修法師として祈祷許可証を授与します。

備  考

①加行中行堂清規に違反したる者は退堂を命ずることがあります。
②三・七日加行成満しない者には祈祷許可証を授与しません。
③加行第1週は面会禁止。

第2週から午前9時より午後4時まで、10分間に限り面会を許可します。

募集要項をダウンロードするお問い合わせフォームへ